<   2007年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧

派遣は黒子?

受付業務などを依頼されると
決まっていわれるのが

スーツ着用で。といわれる。

そう。これ決まり文句。

黒で中は白のブラウス。パンプスも黒というのがベター。

なかには厳しくて

ブラウスは衿つきで、
スーツはスカートスタイルのみ。
靴はローヒールで飾りなし。
ストッキングはベージュのみ。
スーツも柄なし。黒のみ。

という徹底的に口をすっぱくしていわれる。

この派遣先が大手になればなるほど
こういう条件が厳しい。

ここまで条件をつけていて、
資格などもっていないか?とか
顔で判断(人並み)がある。

そう。ばばくさいのもじじくさいのもNG.(失礼)

若く、綺麗でかっこいい人が優先的に選ばれる。

えこひーきといわれるかもしれないけれど、これが派遣社会の現実。
ホストクラブ、キャバクラ、クラブのような審査なのである。

あ、でもこれって、普通に就職する場合も
面接でありますよね。
人相悪いと「御縁がなかったことで」とひとことでおわる。

どの社会も顔や雰囲気は大事なのである(^_-)。

話は脱線したが、
この服装、容姿条件づけ。
「とにかく、目立たないようにしてください」というひと言が
派遣会社からついてくる。

派遣は目立つな。これが世の中の意見なのだろう。

つまり、黒子というわけ。

人買い会社に雇われたものは黒子。

これが現実なのである。<(_ _)>

それでも、やめられないのが、単発仕事人なんですけどね……。



↑ポチっと押して、次の仕事見つけよう!

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村 転職キャリアブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by workingpoor | 2007-11-16 10:50 | 単発のひとりごと

配偶者控除を見直し は吉か凶か

今、配偶者控除を見直しが政府のなかで話題になっているのをご存じだろうか。

政府税制調査会では
13日、08年度の税制改正答申の大枠を決め、
女性の就労意欲を妨げる一因になっているとして、所得税にかかる配偶者控除を、廃止を含め見直すよう提言するそうである。

一見、立派な意見。
共働き世帯が増加していることから、政府税調は、制度の役目が終わったと判断したそうだ。

ふうんとそのままスルーするなかれ。

これ。政府のとれるところからとことんとっちゃえーという
増税の一貫なのだ!!!!

そもそも配偶者控除というのはどういうものか、ご存じか。

配偶者控除は年収103万円以下の配偶者がいる所得税納税者に対し
課税所得額を軽減するもので、年間38万円が控除される制度。

政府はこの制度のため
38万円の所得税を徴収されるのを恐れた人が
控除を受けようと
パートなどの主婦らが年収を103万円以下に抑制する傾向があり、
このことが女性の社会進出を妨げるといいだしたのだ。

はっきりいって、余計なお世話だ、お役人といいたいのが本音。

女性の社会進出なんて、もうごろごろいる。
そりゃー、檜舞台に立てるのがまだまだかもしれないが、
いる人はいるし、いろんな場所で活躍している。

パートだって大事な仕事だ。
パートがいないと、世の中、動かんぞ。

そんなごろごろいるパートの控除額に目をつけたのが、
世の中の金は自分達のためにあると考えている、
バカ官僚や国会議員なのである。

控除取り消すなら、自分の給料を下げるほうが、もっと効率いいのに(国のためには)。
それはイヤだと、他から探す、この執念。

ある意味、凄いよね。ある意味、天才だー。

ま、この提言。
低所得者層にはかーなーりの負担増となるから、
慎重論が根強い。(当たり前だ)
そして、ど考えても実現性は低い。

以前にもサラリーマン増税が進言されていたこともあった。
このときも、定期的に確実にとりやすいところから徴収しようとしていた傾向があり、
思いっきり、反対にあり、却下されたのに、
今度は対象者をパート人にして、再度同じことを繰り返そうとしている。

勉強してないなあああ。
:-)。

他にもいろいろな表面上はごたくを並べて、
いいようにいっている答申。

さ、今回、どれだけの知恵を絞り出そうとしているのだろう。

何度もいうが、
一番税金や国の予算を増やすには

国会議員、官僚の数を半分にしたらいいこと。
給料を半分にすればいいこと
住宅手当や特別手当をなくせばいいこと

なんですがね…………

皆さんはどう思う?



↑ポチっと押して、次の仕事見つけよう!

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村 転職キャリアブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by workingpoor | 2007-11-14 18:20 | ニュース

NO16 レジ精算人

いつのまにやら、年の瀬も近づいてきた。

大手デパートでは、イベントに先駆けて、いろいろな催しを開催する時期でもある。


こういうときって、単発仕事。大量発生する!

まーさーに今が稼ぎ時?かもしれない。

ただし、時給がいいからとつられていくと
面倒くさい仕事が待っていることもある。

さ、今回紹介するのは

大手デパートでお得意様メインの下着販売のレジ清算人。

これ、意外と簡単そうで、面倒くさい。

なにしろ、大手デパートのお得意様だから、
社員はお客様の機嫌を損ねないように
必死。
理不尽なことをいってくるお客様にも
笑顔で対処。

一番厄介なのは
レジ打ちをし終わって、
「あ、これ。別のに交換してほしい」
と、いうお客様。

催事場は山のような人だかり。
ひとつのショーツを見つけるのは・・・・・大変なことなんだぞーと
交換ショーツを一枚、片手に走る派遣人。

お客様がいるときは小走り。あくまでも走らず、笑顔を絶やさず、小走り。
競歩競技。

そして、担当部署の係の人と一緒に
汗だくになって探す探す。
借り物競走。

見つけたら、また小走り競歩で
レジまで戻り、
ぶすーっとした顔のお客様に
え・が・おで
「お待たせいたしまして、申し訳ございません。こちらのサイズでよろしいでしょうか?」
とお見せする。

かなりの体力である。

これだけならいい。
レジ機の調子が悪くなることもしばしばあり、
30点ほど購入しているお客さんの時ほど、
トラブル。

そういうときも、ひたすら平謝り。<(_ _)>。

休憩するときも、お腹の調子が悪くてトイレにいくときも
もちろん、従業員用まで行かねばならず、
そのバックヤード(従業員ゾーン)が遠い遠い。

エレベーターは使えず、階段。

ここは体育大学か!

開店から、閉店間際まで働く場合も多く、
閉店間際までいると、
後かたづけまで、お願いされることも。(正社員から)

こういう場合、連日続くのならば、しぶしぶ、顔は笑顔で。
「わかりました」

そのぶん、しっかり残業代をつけさす・・・・・・のが単発仕事人だ。

さて、大手デパートの場合、
それぞれ、対応言葉の違いがあるので、気をつけよう。

「いらっしゃいませ」(これは共通)

「少々(もうしばらく)お待ちくださいませ」(これも大体共通)

「ありがとうございます」
ここだ。

「ありがとうございました」
では、影で、こっぴどくおこられる。

うちは、「ありがとうございます」です。と、念を押される。

注意はしつつも、忙しくなると
つい、ありがとうございましたー(>_<)といってしまい、

主任からギョロリとにらまれる。

これがかなーり怖い。

もちろん、逆の場合もある。「ありがとうございました」

このデパート言葉。
始めの1時間のうちに覚えておくべきである。


ちなみにレジ精算。

座ってできるのは正社員。
立って、レジをうち、
商品包みをするのが派遣である。

商品包み。
意外とできないのが現実だ。

しかも、焦れば焦るほど、汚い。

お客さんから眉をひそめられることもある。

なので、そういう場合は、焦らず、丁寧にすることが肝心。
そしてなるべくスピーディーに(あー。矛盾)。


一日立ち仕事なので、
かなーり足はパンパンのむくみ100%となるのは確実である。




↑ポチっと押して、次の仕事見つけよう!

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村 転職キャリアブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ


時給   1300円~(クライアントによって異なる)
拘束時間 6時間50分/日
やりがい度 ★★★
鬱憤度    ★★★★
疲労度    ★★★★★
用意しておいて損のないもの  グミ、マウスブラッシュ(口すすぎ剤)、湿布(無臭)
備考 服装は白いブラウスに黒のスカートもしくはパンツ。髪型は黒髪で長い場合は結わえること。目立つのはアウト。デパート言葉と各部署やブースを覚えること。何より、レジ打ちなので、レジ作用をマスターするべき。分からないときはすぐに聞く。
そしてメモすること。
[PR]
by workingpoor | 2007-11-08 10:48 | 対人仕事

派遣社会

世の中。派遣、派遣が飛び交っている。

企業によったら、
正社員よりも派遣社員のほうの数が多いかもしれない。

派遣社員にも
長期(1年単位)
短期(3ヶ月)
単発(それ以下)

と、それぞれわかれる。



特に単発派遣の場合。集合場所から、派遣先へむかうとき、
派遣会社の社員(これも派遣の場合もある)に連れられて、
同じような格好をした人がずらずら歩く。


e0119612_1511574.jpg



この姿。
眺めていると・・・・・人買いに買われている奴隷・・・・・・(爆)って感じ。

そう。派遣社会って、ある意味、人買い社会。

人に値段をつけて、依頼先へ派遣し、
クライアントから1人の人件費のおよそ1/3~1/2をさっ引いて
差額を利益にしている。

まーさーに人買い商売。

ま、そのおかげで、単発仕事人のお仕事をしているんですが(爆)。

人買い商法。

時代時代で名をかえ、形をかえて
続いていくんでしょうね。

あーる晴れたひーる下がり市場へ続く道……
あーる朝のあーさの道、売り場へ続く道……(替え歌バージョン)

おそまつ。(-_-)



↑ポチっと押して、次の仕事見つけよう!

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村 転職キャリアブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by workingpoor | 2007-11-01 15:02 | 単発のひとりごと