カテゴリ:心構え( 2 )

お金の思い出・・・あなたにはどんな物語がありますか?

先日、知人より
「これ面白いよ」と貸してくれたのが!

e0119612_2139399.jpg


これ。
とにかく面白い。
知人は上京して間もない頃の
苦しく、若き頃の生活を反芻できるといって、読んでいた。

反芻・・・・・・。

その言葉。私にとってはまだまだ先である。
そう。ちょうど自分の現実をそのまんま読んでいるようで・・・・・・
笑えて、怖くなり、
そして! 常にパソコンの傍にたてかけてある。
戒めのために(T_T)。


お金がないことはつらいけれど自分にやりたいことがある。
そう。これは誰もはもっている根性。

その根性でどれだけ極貧生活ができるか!
という、今、話題の自虐ネタストーリーでもあるのだが、
いかんせん、まったく共感できている自分がここにいるのが
恐ろしい。

東京生活でのつめたい大家さん。
この点は、恵まれている単発仕事人。
お金なくて電車に乗れない話。
この点は、なんとかスイカという現代版カードのおかげでスルー。
結婚をキャンセルしてまた東京に舞い戻る話。
結婚のケの字もないので、これは関係なく・・・・・・
自宅が倒産というのも異なるが・・・・・・・・・
今の生活はスケールは違うものの、
お金の感覚が全く同じなのである。

あかん。やばい。
そう思わせてくれる、元気、やる気をくれる一冊である。


内容的には
父親の事業の倒産がビンボーのはじまりだった。苦労知らずのお嬢様のキャンパス・ライフは、アルバイト暮らしの日々へ急転回。ウェイトレスに訪問販売、塾の講師…艱難辛苦を乗り越えて、手塚治虫のアシスタントとなり、きびしい修行と遊びの毎日から憧れのプロのマンガ家デビューを果たすまでの面白おかしくケッタイな日々を描く、熱血青春奮闘記。まさに、赤貧笑うがごとし。 (アマゾンより引用)

金銭的に苦しい生活にくさることなく夢をかなえたいという作者のタフさは敬服し、見習わねば。

気にいらないから、すぐに止めるーという
今の日本の仕事状況を打破する、一冊になることは間違いないだろう。(いいすぎか?)

この本を読んで、どう感じるかはあなた次第だが、
一度は目をとおしておくべき、一冊だとオススメする。




↑ポチっと押して、次の仕事見つけよう!

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村 転職キャリアブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by workingpoor | 2007-10-21 21:48 | 心構え

仕事に行く前は・・・

日曜日になると

ちびまるこちゃんのテレビで、溜息ははじまり

サザエさんのテレビで頭痛がはじまるという・・・月曜日出勤拒否症候群。


単発業務も出勤拒否症候群が実はあるのだ。

しかも当日。2時間前くらいから・・・・・・。
「行きたくないなー」と思うナマケモノの自分だが、

いつもごまかしごまかし、お尻を叩いて、ドアから出陣する。

そう。ドアを出るまでが大変。

なにかしら理由をつけて、休もうとする、この根性。

「雨だ」
「紫外線がー」
「頭痛が・・・・・・」
「お腹が・・・・・・」
「次の予定が・・・・・・」 など、多々でてくる。

よくもまあ、自分が自分に休みたいという理由がこれだけ出てくるなーと
自分自身に驚いてしまうけれど、
なんとか、ダメダメ!と喝をいれる毎日。


さて、この心境。
誰もがもっていると思うが、

この気持ちに負けてしまい、休むと・・・・・当然アウト。
大変なこととなる。

次回から、その会社からの依頼はもちろん0

単発業務人間にとって、死活問題。

ズル休み、ドタキャンだけは、恋愛以上に厳しいのである。

だから、ギリギリで出かけるのではなく、早めにでかけて、

本屋や喫茶店でひと休みして、出勤することで、この気持ちを抑えている。

さて、今日の単発仕事。

中途半端な時間からの仕事なので、
この行きたくない症候群がパワフルパワフル。

さ、喝をいれるために、シャワーあびてきますか!

いざ、お時給、いただくために♪




↑ポチっと押して、次の仕事見つけよう!
[PR]
by workingpoor | 2007-06-13 12:46 | 心構え