エントリーNO1 ウグイス嬢 

いわずと知れた、選挙カーに乗り、選挙候補人の応援をするのが仕事。

時給2000円というのはとにかくおいしい。
そこに目をつけて安易に飛びつくと、あとがきつい。

かなりの体力消耗、精神鬱病、疲労困憊の抜け殻となってしまう!

まずネックなのが、選挙期間。

最低でも2週間は他の予定はいれられない。
もちろん、彼氏とデートなんて二の次
開始時間も早く、朝8時から仕事開始。
夜は8時くらいまで議員候補の秘書まがいのことも頼まれることもある
仕事中は人扱いされない、精神的苦痛も大きい!

さらに選挙カーで応援アナウンスだけが仕事ではなく、事務所戻って、チラシ作りの手伝いやポスト投函。
街中で観客を装うサクラに変身して声をかけたり拍手をしたり、
選挙スタッフへのお茶だし、弁当手配なども率先しないといけない。

一番注意しなくてはいけないのは、選挙カー内でのセクハラも注意しつつ(笑)、
ウグイス嬢の命というべき、喉の調子。
どんな場所でも笑顔で、明るい声質をキープ。

人がいなくても、
「ご声援ありがとうございます」

ガキンチョがいたら
「かわいいご声援ありがとうございます」
おじーおばーがいたら

「的確なご指示ありがとうございます」 
(どうみても80歳以上だぞ!!!)

ありがと星人に変身するのが、ウグイス嬢なのである。

もちろん、原稿は丸暗記。
状況に応じて、街中の人とのキャッチボール会話もいれるという柔軟さが必要なのだ。
嫌みなじじいやばばあに愛想よくしなくてはいけない。
うるさいーって怒鳴られることもある。
凹むのは1分間に60回。
これで1日2万円も届かないのだから、ある意味、かなりきつい。

支援者への賄賂のほうが、よっぽどマシだ。

ただし、やりがい度は100%といっていいだろう。
候補が当選したら、200%といっても過言ではない。
10日から2週間、同じメンバーで一致団結、ひとつの目標に突き進んでいると、いつのまにかチームワークが結束されているのだ。
それはまるで、体育会系の部に参加しているような気分である。

よく、テレビ中継で「エイエイオ!」とか「万歳万歳万歳~」と同じ格好をした人達が騒いでいる。

まさにあのノリ。あれは決しておかしいのではない。

あの熱を帯びたような場面では、恥ずかしいという気持ちはなく、
候補者を神様のように崇め奉り、崇拝しているのだ。
一歩間違えれば、危ない信仰宗教だけど。

とにかく、高時給で華やかなイメージのあるウグイス嬢業務。

その実態は体育会系の肉体職で、人一倍気を使わなければいけない、労働職である。

もうひとる付け加える厄介ごともある。
誰もが選ばれるわけでもない。
候補者の好みが優先されるし、なにより若さを求められる。
それこそ、セクハラと訴えたいこともあるけれど、こればかりは需要と供給。
プチ整形か、ダイエットしてナイスボディをもつか
お肌ぷりぷりにするかという努力は必要となる。

しかも年齢制限が設定されていることも多いので、
年齢詐称するときは、きちんと西暦と干支、
時代時代の話題話はきちんと覚えておくべきである。


時給   2000円
拘束時間 10時間/日(休憩2時間)
支払い額 16000円/日
やりがい度 ★★★★★
鬱憤度    ★★★★★
用意しておいて損のないもの 喉スプレー/喉飴/ドリンク/タオル/日焼け止め/化粧道具



↑ポチっと押して、次の仕事見つけよう!
[PR]
by workingpoor | 2007-05-23 12:07 | 対人仕事
<< NO2 有名ブランドアクセサリー製作 石川啄木 >>